-

2008年04月24日

「光」セールスにご用心<8>

最終回・まとめ
 私の見る限りでは、この近辺で主流となっているインターネット接続は次の3つです。
 ・ADSL
 ・光ファイバー(Bフレッツほか)
 ・ケーブルテレビ(YCVほか)

「とりあえずインターネットがしたい」という方にまずお勧めするのは、現時点ではやはり割安なADSLです。そして何らかの事情によりADSLが利用できない、あるいは充分な速度が出ない場合は他のもの、という順になります。

 光ファイバー接続は快適である、これは間違いないことです。
 しかし「光」に乗り換えることで本当に目に見えて高速になるのかどうか、そもそも今以上に速くする必要があるのかどうか、周囲に相談するなどして充分に検討するようにして下さい。
 セールスマンは口を揃えて安くなると言いますが、本当に安くなるのかどうか、正確な試算を必ず依頼して下さい(実際には安くならないことが多いのです)。

「人に相談する」「急がない」
 口車に乗せられてつい契約してしまった。あまりの売り込みのしつこさに音を上げて契約してしまった。そうした方のなんと多いことか。
「速くなります」
「安くなります」
「時代は“光”です」
 こういった漠然とした言葉ばかりを並べ立てるセールスは要注意です。「今だけの無料キャンペーン」といった言葉も、まず疑ってかからねばなりません。
 はっきり言えるのは、「今すぐ」契約しなければならない理由はないということです。必ず親身になって考えてくれる人に相談した上で、契約するかどうかを決めるようにして下さい。(了)
posted by てらこや西谷 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]光ファイバー

2008年04月14日

「光」セールスにご用心<7>

光ファイバーが必要なのはどんな人?
●巨大・大量のファイルを頻繁にやり取りする
●ネット上の動画を観たい

 一部の自営業者にとっては通信速度は重要になるでしょう。また、ネットで配信されている動画の再生においても、大量のデータが転送されるため光ファイバーが威力を発揮します。但し、いずれもADSLで充分まかなえてしまうケースが多いのも確かですので、上記に当てはまるからといって必ずしも光ファイバーが必須というわけではありません。

 上記以外で光接続をお勧めできるのは、次のような場合です。
●ADSLでは充分な速度が出ない/不安定である
 電話局から自宅までの距離が長ければ長いほど速度が落ちる、これはADSLの大きな欠点です。線路長1〜2キロ程度ですと概ね快適な速度が出ますが、4〜5キロになるとかなり速度が落ちます。最悪の場合は接続できない、接続できても頻繁に切断されてしまうといったこともあります。
 距離以外にも速度の出ない(または不安定である)原因は考えられますが、手を尽くしても快適にならない場合は、光ファイバーの導入を検討される価値があるでしょう。
●ADSLが導入できない地域に住んでいる
 <1>で述べたように、ADSLの使えない地域があります。その場合は光ファイバーが有力候補となるでしょう。
●マンションに住んでいる
 お住まいのマンション自体が業者と契約を結んでいる場合、月額料金が4,000円程度と一戸建てのお宅に比べ格段に安くなります。この価格帯であれば検討の余地は充分あるでしょう。(マンションによってはADSL接続ができないところもあります。)
●パソコンとの抱き合わせ
 パソコン量販店では、「光接続同時加入だと×万円引き」といった売り方がよく行われています。割引額が大きい場合は加入しておいてもよいのではないでしょうか。数年後にはネット業界も大きく様変わりしているかも知れませんので、その時にまた乗り換えを検討されるといいでしょう。
●ひかり電話の付加サービスを使いたい
 最大5つの電話番号を利用できる「マイナンバー」など、ひかり電話には便利な付加サービスが多数あります。ご自身のニーズに合うものがあれば導入されるといいでしょう。
posted by てらこや西谷 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]光ファイバー

「光」セールスにご用心<6>

光にすると何が速くなる?
「パソコン内部の処理速度」と「インターネットの通信速度」は別物であると<4>で述べました。では具体的には光通信だと何が速くなるのでしょうか。
●パソコンの起動
 速くなりません。
●ワード、エクセル
 速くなりません。クリップアートの検索など一部の機能への影響はあるものの、使用感に殆ど変化はありません。
●文書や写真の印刷
 速くなりません。
●CD-RやDVD-R(書き込み・読み込み)
 速くなりません。
●電子メール
 速くなります。といっても、よほど巨大なファイルを送受信するのでなければ、その差は殆ど実感できないでしょう。また、速くなるといっても、起動時間やメールが相手に届くまでの時間が短縮されるわけではありません。つまり一般的な用途においては、電子メールの使い心地に変化は殆どありません
●ネットサーフィン(Yahoo検索、買い物など)
 速くなります。但し一般的なサイト閲覧においては、実はADSLも光ファイバーも、体感速度に大差はありません。通信速度が10倍になればサイト表示も10倍速くなるというわけではないのです。なぜなら、サイトの表示速度には、パソコン自体の性能や、サイトを公開しているサーバーの性能や混み具合も大きく影響し、通信速度で全てが改善されるわけではないからです。

 では光ファイバー接続のメリットは一体どこにあるのでしょう?
posted by てらこや西谷 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]光ファイバー

2008年04月13日

「光」セールスにご用心<5>

ひかり電話とセットならADSLより安い?
 よく「ひかり電話とセットならトータルでは光の方が安い」と説明されますが、果たして本当でしょうか。
 ひかり電話とは光ファイバーを利用したIP電話のことで、従来の固定電話(アナログ回線)に比べて料金が安くなっています。また、ひかり電話に乗り換えた場合も、同じ電話番号、同じ電話機を継続して使うことができます。
「光ファイバー接続&ひかり電話」と「ADSL接続&固定電話」という2種類の組み合わせ、どちらが経済的なのでしょうか。月あたりの基本料金を比べてみましょう。(以下は概算です。)
光ファイバー接続&ひかり電話
 ネット接続:6,700円程度/月(戸建住宅の場合)
 電話:525円/月
 合計:7,225円程度/月
ADSL接続&固定電話
 ネット接続:2,100円程度/月(速度12メガの場合)
 電話:2,000円程度/月
 合計:4,100円程度/月

 その差約3,000円、一目瞭然ですね。(同等のADSL接続に4,000円前後支払っている方も少なくありませんが、安いプロバイダは数多くあります。)
 ひかり電話には、長距離電話や対携帯の通話料金が安い、付加サービスが豊富といった特長がありますが、ADSLのIP電話も通話料はほぼ同じ。ひかり電話独自の付加サービスを利用するのでない限り金銭的メリットがあるとは考えにくいです。
 但しマンションにお住まいだと光ファイバー接続の料金がかなり安くなることがあります。この場合は充分検討の余地があるでしょう(後述)。
posted by てらこや西谷 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]光ファイバー

「光」セールスにご用心<4>

光にすると何が速くなる?
「光にするとパソコンの起動が速くなります。」
 ウソです。
 ウソです。
 ウソです。

 そんなことは絶対にあり得ません。
 考えてもみて下さい。たとえインターネットに接続していないくてもパソコンは起動できるのです。「パソコン内部の処理速度」と「インターネットの通信速度」はまったくの別物です。
 聞いた話によれば、「光ファイバーにすると画像が鮮明になります」などと、これまたひどいうウソをつくセールスマンもいるそうです。
 起動の遅さにお悩みの皆様、それはインターネット環境のせいではありません。
posted by てらこや西谷 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]光ファイバー

「光」セールスにご用心<3>

ADSLは時代遅れ?
「今どきADSLを使っている人なんて殆どいませんよ。」
 完全なウソです。2007年の総務省の発表によると、日本でもっともFTTH(光ファイバー)の世帯普及率の高い東京都でさえ、初めてADSLを僅かに上回ったというのが現状です。つまりまだまだ全国的にはADSLの方が普及率は高いのです。
 たとえそうでないとしても、ご自身の用途に合ったものを選ぶことが肝要であるのは言うまでもありません。
posted by てらこや西谷 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]光ファイバー

「光」セールスにご用心<2>

期間限定?工事費無料
 まずはこちらのページをご覧ください。NTTの案内です。
 http://flets.com/opt/const_fee.html
 実に3万円近い初期工事費が無料。これ自体は本当です。が、「○月○日まで」と期間を区切っているのがくせ者で、実はほぼ一年中工事費は無料というのが実態なのです。
「今なら工事費無料」に飛び付いてはいけません。無料でない時の方が珍しいのですから。
posted by てらこや西谷 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]光ファイバー

「光」セールスにご用心<1>

ADSLは近い将来使えなくなる?
「ADSLはもうじき使えなくなるんです。今のうちに光にしてしまいましょう」というのがセールス電話の常套句。
 完全なでたらめとは言い切れませんが、かなり誇張されています(中には「2010年までにADSLは日本全国廃止される」などと言う業者も存在しますが、これは完全なウソ)。

 確かにNTTは電話回線を従来のアナログ回線から光ケーブルに置き換える方針を打ち出しており、既に一部地域ではADSL通信はできなくなっています。
 しかし全ての地域がそうなるかどうかは疑問視されています。光ケーブルが敷設されても、従来の回線もそのまま残される場合が多いとも言われており、近い将来確実に使えなくなるとまでは言い切れないのです。

 第一、仮に将来使えなくなるとしても「今のうちに」乗り換える必要がどこにあるというのでしょう。乗り換える必要が生じた時に乗り換えればいいだけのことです。それが3年後になるのか10年後になるのか、わかりはしないのです。
「使えなくなる」などと言われると、パソコンやインターネットに疎い方はなんとなく不安になってしまうのではないでしょうか。まさかある朝突然インターネットに繋がらなくなっていた、なんてことにはなりません。決して慌てないで下さい。
posted by てらこや西谷 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]光ファイバー

「光」セールスにご用心・序

 光ファイバーインターネットのしつこい売り込み電話に辟易している方が少なくないようで、生徒さんからよく相談を受けます。業者はなんとか契約を取り付けようと手を尽くして来ますが、本当に導入のメリットがあるのかどうか慎重な判断が必要です。
 まず注意が必要なのは、セールスマンの言葉には実にウソが多いということです。NTTのような(光通信を扱う会社は他にもありますが)有名企業がまさか、とお思いでしょうけれど、悪質なのはNTTではなく一部の代理店、つまり別の会社なのです。
posted by てらこや西谷 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]光ファイバー

2008年04月07日

戸締まり用心

 昨日は出張が1件ありました。荷物がある上に交通の便のよくない場所ということで、車で送り迎えしていただきました(私はペーパードライバーであります)。
 デスクトップパソコンを積み込み、手荷物を持って車に乗り込んで、さあ出発。

 戸締まり忘れてました。鍵どころか、出入口のドアすら開けっ放しでした。
 正面のふとん屋さんが異変に気付いて便宜をはかって下さり、ことなきを得ました。感謝。
 危ないところだった――ということよりも、恥ずかしさの方が大きい。幸か不幸か金目のものはございませんので。

 皆さんも出入口の閉め忘れには充分ご注意ください。そんなドジ踏むの私だけですかそうですか。
posted by てらこや西谷 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | [パ]日記